10代 男性 野球肘 脇腹痛 痺れ

来院動機

現在社会人野球をやっており、投球時に肘の痛み、

力が入らなくなる、小指、薬指に痺れの症状が出現。

ここ最近だと投球後に左脇腹にも痛みを感じるようになり、

首を動かしても脇腹に痛みが出る事に異変を感じ、

当院に来院していた兄のご紹介で来院。

どういった時に症状が出るのか

投球時に肘の内側に痛みがあるのと投球後に痺れ、と力が入らなくなる症状がある。

投球時にトップを作った際、脇腹に痛みがあるのと

首の屈曲、伸展時にも脇腹に痛みを感じる。

身体所見と治療、経過

初回施術

触診をしてみると、肘の内側と上腕の内側に筋緊張が

見られたので筋肉調整を行なったのと背骨に歪みが見られた為

骨格の矯正を行ないました。

後は、肘と脇腹に熱感がみられた為アイシングを行ない

施術後には炎症を抑えの機能を補う為にテーピングを貼りました。

2回目

2回目も引き続き筋肉調整と骨格の矯正を行ないました。

施術後投球動作をしたが痛みのレベルが下がっていたとの事でした。

自宅でのセルフケアも指導させて頂きました。

 

現在の経過

現在では、痛みもかなり軽減し自宅でのケアを行いながら

野球が出来ています。

患者様から喜びの声を頂きました。

野球をしている時の痛みが軽減したのと投球数を増やすことが出来ました。

 

 

野球肘について詳しくはこちら

野球肘